FC2ブログ

バイナリーオプションツールで本当に稼げるかを検証

3分バイナリー勝率80パーセントの手法【TYストラテジー】✪自分の中の鉄板ポイント✪

ttss

3分バイナリー勝率80パーセントの手法 【TYストラテジー】(シグナル&裁量
3分バイナリー勝率80パーセントの手法 【TYストラテジー】(シグナル&裁量 | fx-on.com

DLマーケット



鉄板ポイントと言っても万人に共通とは限りません^^)

鉄板のはずが

鉄板のはずが2

購入後、大体この相場にぶち当たり何処で入ればいいのか?

実に、ここで躓く人が非常に多いのがこのパターンです。。。

短期間でトレンドとレンジを繰り返す相場。。。

1分足なので少し待てば環境は変わるのですが常に動く

相場では案外気付かずにハマってしまっている人が多い・・・

トレンドが出れば

そうこうしているうちにトレンドが発生し息を吹き返し^^;)

そしてまた・・・

はらはらどきどき

半信半疑の相場にぶち当たりスランプに陥る・・・・(><;)

そんな経験をされている方が多いのではと思います。。。

私の場合はそう言った環境をドンドンと削除して行きます。。

自分の中の鉄板ポイントを探すのです。。。

結構前に一度そのポイントを記事にして勝てるようになりました・・・って

高評価を頂いた記事があります。。。

最近購入された方で、まだその記事を見落としている方へ

再度、伝授して置きたいと思います。。。

既に勝てている方はつまらない記事になりますので

スルーしてくださいね・・・

何故途中でY-Channelのインジが追加されたのか?

ちゃんねる

私のチャートでは皆さんと違う表示ですが動作は一緒です・・・

これが何の役目を果たしているか?

クリスマスが近いから飾りに・・・・^^正解☆彡☆彡☆彡

とっても幸せな方です。。。ね・・・^^)

まずこれが何の役目をしているのか?

知らない方っていますか?

これ非常に大きな役目を持っていますので注視してくださいね。。

このポイントは直近の高値と安値のポンとして反転しやすい

場所として多くのトレーダーが意識しているポイントです・・・

このTYストラテジーでは1分チャートを使用していますが

5分足の切り替わりでは売り買いが活発に行われているのが

良く分かります。。。

この反転が大きく期待出来、さらにはトレンドが起こりやすいポイント。。。

このTYストラテジーが得意とするボラが大きいポイントって

チャートで言うどこの相場になると思いますか?

ポン手法

皆さんが思い浮かべるには上記のトレンドが発生しているチャートでしょうか?

私の中の鉄板ポイントとは・・・?

反転1

期待度40%

反転2

期待度60%

反転鉄板

期待度80%

上記3パターンですがクロスポイントを前後として期待値が

全然違って来ます。

圧倒的に売りの方が良い感じで決まります。。。

トレンドの反転が多いですね・・・

買鉄板

で買いはレンジの後に赤と青のラインが開いて来たシグナルが激熱です・・・

狭いとダマシの可能性が多いのでお気を付けを・・・

Y-Channelの反転後のシグナルを待つだけ・・・

で上記の注意事項を意識してサクッと。。。行きましょう・・・

で今まで通常の鉄板ポイントで上手く噛みあわなかった方も

これで良い結果となればと思います。。。

前回の記事でその後、良い感じになりました・・・・と

凄く好評だったので是非このポイントを重視して見てください・・・

きっとあなたのトレード環境はガラリと変わると思います。

手数は減りますが無駄なトレードがぐっと減ると思います。。。

心臓の負担は一番良くありませんからね・・・・

これが一番シンプルで分かりやすいと思います・・・

あくまでも私の中の鉄板ポイントなのでご自身で判断して下さいね。。。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

でこちらのブログからTYストラテジーをご購入された皆さんへ

特典を配布したいと思います。。。

以下より申請ください・・・

TYストラテジー購入特典申請>>>>

※必要なデーター

fx-onで購入された方は注文日と購入IDが必要です。

DLマーケットで購入された方は注文日と注文番号が必要です。

コチラで確認出来ない方は残念ですが配布は出来ません。。。

別途対応は出来ませんのでご了承下さい・・・^^)

toku1122

特典はトレンドを読む2種のインジケーターです。

これにお手持ちのY-Channelを追加してください。


人気ブログランキングへ
優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com


kan1


スポンサーサイト



Comment

Add your comment